ひさびさに福岡に帰省しました。

自由気ままの単身生活のお詫びも兼ねて、長崎雲仙にキャンプ旅行に行ってきました。
雲仙 島原 
島原城にいくと 鉄腕ダッシュのロケの記念の旗が...
この日は(も)熱く 天守閣の陰で写真に写っている くのいちのお姉さんが 隠れてかき氷を食べているのを目撃
イルカ
 
翌日は、島原半島と天草の間の海にイルカウオッチング 

2010.09.05 / Top↑

8月最後の週末 夏の終わりにふさわしい場所に行こう。
そう考え、日本の道100選の 磐梯吾妻スカイラインに行くことにした。
しかし、当日、まさかの寝坊。ソロなので「おいてきぼり」ということにはならないが、なんだか、さい先が悪い。
お昼近くに出発。国道4号を福島へ、フルーツロードを経由しいよいよ磐梯吾妻スカイラインへ。
走り始めて、すぐに展望台に到着。さっそく写真撮影!
お気に入りのCX2を取り出し 電源ボタンを押す。 電源が入らない! さらに押す。やっぱり駄目!
なんだかカメラが軽い。 そうだ、昨夜バッテリーを充電してそのままだ!
悪い予感的中。
仕方なく、携帯のカメラで撮影。
携帯 
携帯といっても、実はSO905iCS  いわゆるカメラ携帯。
磐梯吾妻スカイライン
 
一応そこそこの写真は撮れましたが、計画では、会津まで行き、名物ソースかつ丼を食べる予定だったが、寝坊のせいで、スカイラインの途中で引き返すこととなった。
秋にもう一度チャレンジしたい。

2010.09.05 / Top↑
今回のタイトルは「ギガント」 意味はギリシア神話に登場する巨人族。
わたしと同年代の方でアニメが好きだった方は、昔の宮崎アニメに出てくる巨大飛行機を思い浮かべるのではないだろうか。

今日、仙台空港沿いの道を通りかかると、たくさんの人が滑走路を眺めている。
バイクを止め、よく見ていると、滑走路中央付近に見慣れない飛行機が止まっている。
どうやら、もうすぐ飛び立つようだ。
アントノフ 
滑走路端に移動し、いよいよテイクオフという直前、猛烈な風が吹いてくる。砂埃を巻き上げ、立っていられないほど。
一緒に見ていた人ともども大慌てで退散。

帰ってから調べてみつと、今日パキスタンの洪水被災者支援のため陸上自衛隊のCH47大型輸送ヘリコプター1機を載せた大型輸送機が仙台空港を飛び立ったとのこと。
この輸送機は、ロシアのアントノフ124型輸送機だそうだ。
2010.09.06 / Top↑
今回は「おかまへの道」...妙なタイトルになってしまったが、正確には「御釜への道」

蔵王には、スキーを含め何度も行っている。バイクでも乗り始め間もないころにすでに行っているが、御釜をみるのは、今回が初めて。 今日は、まだ暑いものの空は秋晴れ、きっと御釜も見れるはず。

仙台→川崎→青根温泉→蔵王エコーライン→蔵王ハイラインと、おかまへの道をすすみますわ....  あれ?

川崎 
途中の釜房湖と川崎の松並木ですわ♡
川崎から蔵王町方面へ向かう道は、ロングカーブ主体の道で景色もよくお気に入りなの

御釜 
いかが、これが「蔵王の御釜」よ~ん
スナップ 


ふざけた文章ですみません。

とりあえず、御釜デビューツーリングでした。
2010.09.12 / Top↑
「海tの中道」という場所知っていますか?
それは、私の故郷 福岡にある陸繋島 志賀島へ続く道。
今回は、東北版海の中道 大洲海岸(福島県相馬)に行ってきました。

 
この道は 東に太平洋と日本の渚百選に選定された大洲海岸、西に松川浦に挟まれている。

ちなみに 福岡の海の中道はこちら。
海の中道 
陸繋島の志賀島は、外周を一周できるようになっていて、ドライブコースの定番中の定番。
福岡の人は、車やバイクを買うと、真っ先にここに行く。

東北版「海ノ中道」も負けず劣らず、気持ちのいい道でした。
大洲 
911スナップ
 
単身赴任も今年5年目、このバイクで 福岡の「海ノ中道」をいつかは走れるだろうか。
2010.09.19 / Top↑

 突然、秋がやってきた。
ぐずぐずしてはいられない。あそこに行かねば。
ということで、山形の月山超えルートで、酒田へ、目指すは鳥海山。


月山 山居倉庫 
 
本日のルートは
仙台→作並→寒河江→月山道→酒田→鳥海ブルーライン→鳥海山

急がなければならないわけは、月山超えのルートだから。月山の冬は早い。
月山道から山形自動車道(無料実験中)で酒田市内へ。
山居倉庫で記念写真。
山居倉庫は明治26年(1893)、酒田米穀取引所の付属倉庫として建造され、築百年以上経った今も現役の農業倉庫として活躍している。
酒田市内に立ち寄った理由は、名物満月のワンタン麺を食べるため。
満月 
酒田のラーメンは魚系のスープ。なかなかうまい

そしていよいよ鳥海山へ。
鳥海山は、山形県と秋田県に跨がる標高2236mの活火山。出羽富士とも呼ばれている。
日本海に裾野を広げている独立峰である鳥海山の美しさに魅せられてしまった。
特に、春先の残雪の姿は格別。
鳥海山 
残念ながら、山頂付近は雲がかかって見えない。
神奈川からやってきたCBさんと記念撮影。
鳥海山1 
本当は、鳥海山から日本海に沈む夕日を眺めたかったのだが、帰路のことを考え下山。
すると、山頂の雲が取れている。
やっぱり次は泊まりで来たい。鳥海山 スナップ
 


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
2010.09.25 / Top↑